雛人形
五月人形
能人形
制作工程の紹介





 最初この仕事をやり始めたときは、もう全然作れなかったんですよ。もう35年前ですね。教えてくれた人が、2寸の人形を飴細工のようにあっという間に作ってしまったのを見て、本当にびっくりしましたね。なんとか見よう見まねで何体か作って、売りに行きました。今でもその時の人形は励みになるように大切に持ってます。今見たら見られたもんじゃないですけどね。
 とにかく、木を彫るのが好きなんですよ。木の種類によって刃を当てる角度をコンマミリ単位で変えなくてはならない。少しでもずれると、面が泣いてしまうんです。それがぴたっと合って、ぎりぎりのところで、すっと刃を入れる快感は、もういいようがないですね。体が覚えている位置に刃物が来たら、ぴたっと止まるんです。そして、一気に一刀で必要な分だけ彫る。辞めようなんて思ったこと一度もありません。死ぬまで続けたいですね。

 一刀彫は本物です。

 大量生産できない、世界に一つしかないものを手作りで作っています。ほんまもんの良さ、間違いないよさが備わっていて、それをわかる人はきちんと選んでくれる。まっすぐに人形を立たせるだけで、非常に難しいんです。物の形にはすべてくせがありますから、人形に芯が出ないんですよ。傾かない人形を作るのに、何年もかかります。人形の唇を彫るのに、24面彫るんですよ。ミクロのずれもなく24面で構成された唇を見ていると、積み重なってきた奈良の伝統工芸の背景を見るような気がします。
 一刀彫人形を買って、大切にしてくれている方々の気持ちを、逆に私達が大切にしていきたいと思います。だから、「人形を修理して欲しい」といわれたら嬉しいですね。大切にしてきたものを、さらに大切にしていくために修理に出してくれるのですから。本当に一生使えるんですよ、プロの職人がいつでも支えているんです。それが、本物のよさってことだと思ってるんですけどね。


 




 この仕事に就いたきっかけは、子供の頃からお寺とか古い場所を見るのが好きで、色んなものを見に行ってたんです。そして、20歳のときに東本願寺の欄間や、二条城の欄間を見てすごい衝撃を受けて「自分でも作ってみたい!」と強く思うようになりました。
 一刀彫のことは正直言って、最初あるのは知っていましたが、自分で作ることになるとは思っていませんでした。でも、自分の地元である奈良に目を向けたときに「ここでものをつくるのなら、一刀彫はすばらしいんじゃないか」と思って始めました。地元のものなので人に直接届けることが出来ます。笑顔に直接投げかけられる感じです。
 最初見てるだけのときは実は「結構簡単そうだな」と思ってたんです(笑)。でも実際にやってみると、彫りを面でとらえてバランスをとるのが本当に難しい。たとえ一体は作れても、10体左右対称のものを作れるようになるには時間がかかるんです。なかなか揃ってくれません。一箇所が1mmずれただけで、全体としてみたら崩れている。人形って人体だからバランスが狂っているのが目立つんですよ。「デッサンが大事だ」って親方にもよくいわれます。
 先代にはいつも「感性が大事だ」とも言われます。技術は後からついてくるから、感性を今は磨いて、ものを見る目を養いなさいと。ぱっと見たときにひきつけられるものがお客さんに喜ばれて魅力のある作品だと言われています。その人自身が作品に出るんですね。そんな作品を作りたいと思っています。
今後は伝統を守りながらも新しいものが作れたらなあと思っています。現代の感覚も取り入れてそれが受け継がれていくようなもの。いいものを作れて、それを大事にしてもらえたら、100年後の人たちに私の作ったものが見てもらえるかもしれないんです。そういうことを思うと、いいものを作るために、何が必要か、何が足りないか、毎日考えながら自分の力を蓄えていきたいです。








 小さな頃から奈良で育ったので、一刀彫には昔から触れていました。もともと美術工芸品が好きだったんですよ。
 22年前に一刀彫の仕事をやり始めました。もともと木を彫る仕事はしていたので、彫るということには違和感はなかったですが、立体的に作品を成立させるのにはしばらくかかりましたね。あとは、彩色も自分でやっていたので、なかなか難しかったです。最初は、小物から少しずつ作り初めて、だんだん大きなものを作るようになってきました。心がけている事は、なるべくスパッと一刀で面を作ることです。
 スカッと一発で出来るところを、余分にちょこちょこと手を加えてしまうと一刀彫の特長である線の勢いが消えてしまいます。余分な動きを少なくして、良いものを手早く作ること。そして、必要な場所には手間をかけて、自分の心に忠実なものを作っていきたいと思っています。一度手を抜くと、もう立ちなおることが出来ないと思うんですよ。覚えるとまたやってしまうと思うので、絶対に手を抜く事はありません。
 一刀彫は、木を彫りそれに彩色する事で成り立っています。彩色も本当に難しい工程ですね。
 金箔を貼る時はどんなに寒くても熱くても、ヒーターやクーラーは消さなくてはなりません。息を止めて、集中して、乾く寸前にぴたりと貼るんです。水が氷になる瞬間を見定めて、貼る感じですね。10時間で乾くときもあれば、12時間経っても乾かないときもある。その一瞬を見逃すと、ぴたっとした金箔は貼れないんですよ。
 一刀彫の人形がすっと立っている感じが、精錬されていると思います。線、角、面で大胆に構成されていて、一つ一つの面が自立しています。一刀彫人形は、曲面ではなく平面の集合体で造形を成しているんですよ。それに彩色までした雅さは他にはないと思うし、何代でも持っていただける物であることは間違いないと思います。



 




子供の頃からずっとものをつくるのが好きで、「何かを作る仕事に就きたい」と思っていました。学校を卒業して、さあ仕事をしようと思ったときにやはり地元の一刀彫のことを考えました。
 僕の通っていた中学校は春日大社の近くだったので、通学路に職人さんの工房があったり、お正月には一刀彫の干支が売っていたりで目にする機会は多かったですね。特別な存在というよりは、自然と生活の中にあった感じでしょうか。友達の家なんかにも普通に飾ってありましたし。
 しかし、いざ一刀彫を作るとなると最初本当に大変でした。面で立体を構成するというのはものすごく難しくて、自分の物の見方を根本から変えなくてはなりませんでしたね。面で立体を作りながら、動きも表現しているところは一刀彫の本当にすごいところだと思います。面を使って丸みを出しているんですよね。逆のものを組み合わせて見せているところが魅力だと思います。

 一番大事なのは角材からのスタートのとき。最初の掘り出しの時が一番大事で一番気を使います。そこでずれると最後までちょっとずつずれていきます。絵付けも最初の彫りがちゃんとしていればいいものになります。粘土などとは違って、後から足すことが出来ないから、後々のことを考えながら丁寧に進めます。とりわけスタートがやっぱり大切ですね。
まだまだ僕は駆け出しですが、お客さんの目に留まるようなものを少しずつでも出していきたいです。自分の思いにこだわりすぎるのではなく、お客さんが「あ、これです。これが欲しかったんです」といっていただけるようなものを作っていきたい。そういうのをきちんと見極めながら、存在感を持った作品を作り続けていきたいですね。



 


 

 
 雛人形・五月人形・能人形の事なら奈良の伝統工芸の誠美堂へ
 
雛人形・五月人形・能人形の事なら奈良の伝統工芸の誠美堂へ